金融車は任意保険に入れない?ドライバー保険なら問題ありません!

2016年10月28日

金融車が任意保険に入れない理由とは?




金融車は、名義変更の必要がない為に、手軽に面倒な手続きが不要なので購入する方も増えています。
しかし、デメリットも多いとされ、その中でも任意保険に入れないという事をよく記事にされています。

これは、任意保険というのは、車検証での名義の確認が必要になる為に、任意保険に入れないという事が理由となっています。

しかし、これは実際に問題になるのでしょうか?
実は、保険会社によって判断が違う為に、入れる保険会社と入れない保険会社があります。

任意保険で重要とされるのが、現在の車の所有者が事実上誰なのか?という所です。
つまり、書類上の所有者ではなく、事実上誰が乗っているのか?を重要視する保険会社であれば、加入する事が出来ます。

保険会社によってというのもそうですが、対応している保険会社の担当者の力にもかかっているのも事実ですので、どこの保険会社でもダメだったという事もありえます。


任意保険には何故入らなければいけないのでしょうか?




任意保険というのは、自動車にかける保険です。
名前の通り、本来であれば任意で入る、つまり強制的に入る必要は特にありません。

では、任意保険に入らなければいいのですが、やはり入っておかなければ万が一の事も想定されます。

車を運転するという事は、常に事故の想定をしておく必要があります。
自分がどんなに注意していても、相手が事故を引き起こし、巻き込まれる可能性もあるからです。

万が一でも、大きな死亡事故を引き起こしてしまったり、物損事故でも公共物や例えば電車の遅延等につながった場合の被害は大きく、損害金の保証は簡単には出来ない金額になります。

つまり、任意保険というのは、任意ではあるが万が一の為に入っておかないと大変なので入っておきましょうという半強制的な部分となります。

そこで、任意保険に入れないとなると心配だという方が多く、金融車の場合デメリットとして上げられてしまっているのが、現状です。
任意保険は金融車でも入る事が出来ないのならば、やめておこうと考えてしまうのです。

しかし、万が一保険会社が全てNGだった場合はどうすれば良いのでしょうか?
実は、それでも任意保険と変わらない対応が出来る保険があるので、ご紹介致しましょう!


任意保険が無理でも、ドライバー保険があります!




金融車を購入したものの、運悪くどこの保険にも入る事が出来ずに、諦めている貴方に同じ様な待遇を受けれる自動車保険があります。

それが、ドライバー保険です。
これは、任意保険が車に保険をかけるのとは違い、ドライバー自身に保険をかけるというものです。

最近、特に都心部では車は購入するよりも、レンタカーなどが便利で活用される方も多くなっています。
また、社用車の活用も多くなっています。
レンタカーの場合には、いくつかのパターンがある保険に入る為に、簡単な手続きが必要になりますが、安心は出来ます。
しかし、逆に保険の制限が厳しく、不十分な保険内容になる事もあります。

しかし、ドライバー保険は、本人にかける保険なので、対象は人となります。
つまり、どんな車に乗っていたとしても、事故などにあった場合に保険金はキチンと支払われます。

また、ドライバー保険のメリットとしては、掛け金が非常に安いというのが1つです。

この様に、金融車でも問題なく、保険に加入する事は可能なのです。

ここまで見た通り、金融車でも任意保険には入れるという事を説明してきました。

金融車を購入して良かったと言うお客様の声を見てみましょう

GM AUTOなら自動車保険のご相談にも対応致します!




この様に、金融車であっても任意保険に入れるという事をご説明してきました。
偏った知識では、高級車を安く購入出来る金融車のメリットをみすみす逃す事になってしまいますので、正しい知識を覚えておく事が必要です。

ここまでで、任意保険に入る場合、いくつかの保険会社に問い合わせるのは面倒だという方には、保険会社を紹介してくれる販売店もあります。

金融車販売店として、実績の高いGM AUTOでも、保険会社への対応が可能です。
任意保険でもドライバー保険でも購入時に相談してみれば、対応してくれるので手続きが面倒という場合には、是非聞いてみましょう。

保険会社の相談だけでなく、ローンを組んでの金融車の購入の相談にも乗ってくれますので、購入に関する全ての対応をしてくれるのが、GM AUTOが実績の高い販売店だという事を証明しています。

金融車の販売だけでなく、車に関する全ての問題に対応してくれ、また車検など購入後の車の相談にも、誠実に対応してくれるのは、金融車販売店の中でもGM AUTOだけしかありません!

GM AUTOをもっと知ろう!

▲ページの先頭へ戻る▲