金融車で販売されている憧れのレクサスを手に入れてみては?

2017年02月03日

どうしても気になる、金融車で販売されている高級車が安い理由とは?





現在の日本はれっきとした車社会です。毎日自動車教習所の車が家の近所を走行しています。
高齢者のドライバーも多くなり、特に田舎の方では車がなければ、買い物にも行けないという地域もあるぐらいです。

日々ドライバーは増えているのでしょう。日本で作られている車の種類もいったいどのくらいあるのかというほどたくさん走っています。
こういった車を、目的によって価格によって人は様々な基準で車を選んでいます。
その中でも、誰もが一度は憧れるのが、日本車の中でも高級車と言われる車でしょう。

満足させてくれるのは、走りの性能や外観などはもちろんのことですが、その車を所有することで得られる、ステータスが結局のところ一番なのではないでしょうか?
誰もが気楽に購入することができないからこそ、所有することでステータスを得られるわけです。

高級車と言われている車のお値段は、目玉が飛び出るくらい?と言えるほどのお高いものもありますね。
小さな家が一軒建つくらいです。一般庶民が手に入れるには、高級車は相当ハードルが高いのかもしれません。
そんな厳しい現実を受け入れつつもそれでも憧れの車を所有したい・・・。いつか欲しい・・・。そんな気持ちに答えられるのが、金融車の利用なのです。

金融車と聞くと、誰しもが怪しいと思ってしまうのは無理もありません。
その理由として、ネット上では金融車についての危険性ばかりが目立ちます。
しかし、金融車は、きちんとした販売店で購入すれば、中古車よりも程度の良い高級車に乗る事が出来ます

そもそも、何故金融車が怪しいと思うのでしょうか?
その理由には、下記の様な理由が主に挙げられます。

・金融=暴力団関係というイメージ
・ローン中の車は、売却出来ない為に、不正な行為をしている
・盗難車や事件車両の為に、安く売り出される


この3つが主に怪しいと思われている原因となっています。
では、実際にはどうなのでしょうか?
暴力団が関係している金融車の販売店というのは、まず今ではほとんどありません
ほとんどと言うのは、中には個人売買などを行っている場合がありますが、最近ではあまり見られなくなりました。

可能性とすれば、オークションなどは身近なものになっている為に、誰もが簡単に出品出来ますし、購入するのも安く購入出来るために、中古車や金融車というのも多く出品されています。
この様なオークションは、危険と言えば危険です。
ゲームソフトや漫画、衣類というのは、安く問題ありませんが、車となれば別です。
通常よりも安いと言っても、高額な事に変わりはありません。
十分に注意が必要ですが、何より金融車を取り扱っているお店を選ぶ方が安全なのは、間違いありません。

また、ローン中の車というのは、確かに売却は出来ません。
金融車の場合、売却されて販売店にあるのは確かですが、購入しても名義変更が出来ないので、違法行為と思われている方も多いでしょう。
しかし、車は実は使用者がどういう使い方(乗り方)をしても自由という定義があります

つまり、例えば親が乗っている車を貴方が乗っても、何の違法にもなりません。
金融車も同様で、本来の名義が他人であっても、それを売却、購入しても名義さえ変えなければ何の問題もないのです。

そして、盗難車や事件車両かどうかというのは、金融車販売店が先に調査しているので、問題は一切ありません
調査というのは、関係省庁にて確認出来るので、間違いありませんし、購入前にも改めて調査依頼を出せば、確認して書類等を確認出来るので、心配であれば事前にお店に伝えておくと良いでしょう。

この様に、金融車というのは、決して怪しい車ではないという事を覚えておきましょう。

金融車の販売店で、購入する際に覚えておきたいポイントとは?




一般の方がが高級車を新車で購入するのは、あまりにもハードルが高いことは分かりきっています。
新車が無理なら中古車なんてどうかな?と考える方が多いでしょう。
中古車ならなんとか手が届く車もあるかもしれません。
しかし、程度の良い高級車となるとそれなりに金額は上がってしまいます。

中古車というのは、人気の車や高級車は、値崩れしにくくなっています。
新しい型式や走行距離の少ない車というのは、新しく購入するよりも安いですが、必要以上に安くしなくても、売却出来てしまう為です。

その為に、結局どこかで妥協してしまう人が多いと思います。
それでは手に入れられたとしても、満足度は100%に達しないでしょう。
では、中古車でもダメならどうすれば良いのでしょうか?

そこで登場するのが、金融車なのです。
金融車であれば、同じ価格帯であれば間違いなく、中古車よりも条件の良い車に出会える確率はアップするのです。
その理由はお分かりになりますでしょうか?

中古車は、ある程度乗ってから、その車のオーナーが売りに出す場合がほとんどです。最も多いと思われるのが、車を買い替える為に下取りに出すという事が最も多い事でしょう。
その為に、走行距離もかなりになっていて、まさに中古の車となっていることが多いです。

しかし、場合によっては走行距離の改ざんをしている車もない訳ではありませんが、程度が良いのに安いという車には事故暦や故障履歴がある可能性もあります
また、大手ではない中古車販売店等の中には、暴力団と関係のあるお店というのも、全くない訳ではありません。
この点で言えば、金融車も中古車もそれほど大きな違いはないのです。

では、金融車の場合はどういった条件で売りに出されているのでしょうか?
例えば、高級車を購入したものの、維持費が高くて手放さなければいけない状態になる方もいらっしゃいます。
というのも、高級車というのは排気量も大きい為に、車検や税金が非常に高くなります。
また、車種によっては駐車場も、立体駐車場だと利用出来ない場合もあり、高くなってしまう可能性もあります。
その為に、それほど乗っていない車であっても、金融車として市場で売られるケースがあるため、中古車よりも車の状態の良い車が売られている期待が持てるからです。

しかし、中には新古車と呼んでも良いくらい、ほとんど乗られていない状態で売られるケースもあるようです。
こういった車、特に走行距離は1万キロ以下等の場合、逆に注意が必要す。
金融車とはいえ、販売店側も売却者が、どういった理由で手放す必要があったのかは調べる事が出来ません。

こういった低走行車というのは、購入して数ヶ月の物が多い為に、中には売却目的で購入した可能性が高いものもあります。
つまり、金融車販売店に売却した後、本来はローンを払い続けなければいけないのですが、売却した後にローンを飛ばしてしまう可能性が高くなるのです。

ローンを飛ばしてしまうとどうなるかと言うと、最終的には登録抹消とされてしまいます。
ローン中の車というのは、車の所有権は信販会社等となっています。ローンの支払いがされなくなれば、当然車を回収しなければいけなくなる為に、登録抹消を行い公道を走れなくしてしまうのです。
金融車販売店でも、この場合だけは事前に調べようがない為に、注意が必要です。
その為に、購入時に再度最新の状態を確認してくれるお店もあります。

この様に、注意点さえ知っていれば、高級車を購入するならば、金融車販売店で購入する事は、市場価格よりも半額程度で手に入る場合もあるので、中古車よりも確実に程度の良い高級車を手に入れる事が出来るのは間違いありません。


金融車販売店で最も人気の高い高級車はレクサスです!




日本の高級車の代表格であると言われるレクサスですが、もちろん金融車市場においても、かなり人気の高い車です。
人気の高い車は市場に出回るケースが多いため、金融車の中でもさらにお得に購入できるチャンスがあります!
レクサスはスペック以上にまずは試乗して頂ければ、その良さが分かるとは思います。

しかし、まずはレクサスのスペックを確認してみましょう。


【2015年日本開業10周年記念特別仕様車 LS 600h F SPORT X Line基本性能&スペック】

エンジン型式:2UR-FSE

エンジン種類:V型8気筒DOHC

総排気量:4.968L

最高出力/回転数kw(ps)/rpm: 290(394)/6400

最大トルク/回転数n・m(kg・m)/rpm:520(53.0)/4000

使用燃料:無鉛プレミアムガソリン

燃料タンク容量:84 l

走行燃料消費率:11.6km/l

全長×全幅×全高:5090×1875×1465(mm)

ホイールベース:2970(mm)

前トレッド/後トレッド:1610/1610(mm)

駆動方式:4WD

プリクラッシュ セーフティシステム:ミリ波レーダー方式

レーダークルーズコントロール : 全車速追従機能付


レクサスが人気の高い理由は、まず北米で受け入れられた事がきっかけです。
トヨタ社では、海外での高級車という位置づけでの車の販売があまり良くなかったのです。
これには、日本と欧米との高級車に対する認識が違ったのが原因でした。
特にアメリカ等では、現在も見られる様な、高排気量で販売価格も高い車が高級車という認識がありました。いわゆるドイツ製のメルセデスやBMWといった車です。

しかし、日本の技術は元々壊れにくい、高い機能性には定評がありました。
そこで、レクサスは高品質、低燃費、低価格という点に着目してそれを満たして作りだされたのが、レクサスです。

レクサスは、特に北米で大人気となり、瞬く間に販売台数を伸ばしていきます。
そして、日本に逆輸入する形となり、トヨタ社としてはブランドをあえて分けてレクサスとして売り出す様になったのです。

この様に、元々外国向けの高級車として開発をされたレクサスですが、その人気から国内でも販売され、結果的には日本でも人気になった事で、ブランドそのものが逆輸入されて国産として販売されるという異例の事態となったのです。
まさしく、世界レベルでの高級車という日本の誇る高級車となりました。

その人気故に、最近では低燃費のハイブリッド車となり、セダンタイプだけでなくクーペやSUVといった型も開発され、更に人気が高くなっています。

しかし、やはり高級車という事で、中々手が出ないというのが一般的な意見です。
もちろん、高級すぎて維持費が追いつかなくなってしまうという事も多い為に、金融車としてもかなり多く販売されています。

一般的な中古販売価格は、型落ちのLSタイプであれば、100万前後で販売されている中古車も出ていますが、走行距離が10万キロ近くもあり、決して状態が良い車とはいえません。

その点、同タイプの同金額帯の金融車であれば、走行距離は5万キロ前後と、半分以下の走行距離となるものが多いので、やはりオススメは金融車の方が良いでしょう
この様に、高級車と手に入れるならば、中古車よりも金融車の方がメリットも多く、何よりも購入した日から乗れるというのも金融車の1つの大きな特徴です。


レクサスを購入するなら、金融車販売店GM AUTOにお任せ下さい!




レクサスなんて高嶺の花と、購入を早々にあきらめていた人にとっては、金融車は注目の市場です。金融車の利用でぜひとも憧れのレクサスを手に入れてみませんか?

しかし、金融車販売店が色々あって調べるのが面倒という方には、是非当店で購入を検討頂ければと思います。

GM AUTOは他店とは圧倒的に違う安心頂けるポイントがたくさんございます。
最初にご紹介した心配とされていた3つの心配な点はもちろんですが、販売店側では分からないと説明していた、低走行車についても、当店の販売車両には一切心配がございません。

というのも、当店では、低走行車については、ローンの支払い実績を確認しております。
どれほど、売却者の人柄が良い方だったとしても、ローンの支払い実績が半年未満の車両は一切仕入れしておりません。

万が一を考え、今後も支払っていく事が出来るであろう方でなければ、意味がありません。
売却目的で車を売る場合、当然ながら支払った事のあるローンの金額以上で買い取りして貰わなければ、売る意味がありません。

そこで、半年以上のローン実績があれば、買い取りをしても売却者側にとってそれまで払ったであろう金額と同等、もしくはそれ以下になる為に、売却目的の車である可能性が格段に低くなります

もちろん、それ以外にも違反歴はもちろん修復暦なども調査しておりますので、ご安心下さい。
更に、書類関係もしっかりと原本をお渡ししております。
金融車でよくあるのが、書類などは一部を除いてコピーを渡しているというお店が多くあります。書類というのは、コピーであっても違反などには特になりませんが、売却する際にデメリットが出てきます。

そのデメリットとは、購入したお店でしか査定して買取して貰えないという事です。
誰しも、売却する際は、少しでも高く売却したいと考えるものです。
しかし、コピーだと査定がして貰えない為に、売却価格を比較する事が一切出来ません。
場合によっては、かなりの安い金額で売却せざるを得ないという事もある様です。
しかし、GM AUTOでは、全て原本をお渡ししておりますので、他のお店に査定に出して頂く事が出来ます。
その上で、見積もり書をお持ち頂けましたら、それ以上の価格で買取りさせて頂きます。

また、万が一の場合があっても、当店が全て対応致しますので購入者の方には一切問題は起こらない様に対処いたします。

この様に、当店GM AUTOでは、販売車両全てにおいて安心頂ける金融車しか取り扱っておりません。
最も安い金額で購入し、どこよりも親切にスムーズな対応をさせて頂き、最後に車を手放す際には、最も高い値段で売却頂けるのは、GM AUTOしかございません。
是非、当GM AUTOにて、安心の金融車で高級車を手に入れましょう。

GM AUTOの在庫車一覧はこちら

▲ページの先頭へ戻る▲