憧れのベンツオーナーになれる!知って得する金融車のメリットとは?

2016年10月21日

金融車はデメリットだけしかない?




金融車は、そのデメリットだけにスポットライトを当てられる為に、メリットはあまり知られていません。

しかし、デメリットだけしかないのであれば、金融車のニーズは今よりももっと低く、既にビジネスとしては成り立たないので、無くなっている事でしょう。
つまり、金融車にもメリットがあるはずなのです。
そこで、金融車のメリットというのは実際どういったものがあるのか気になる点を調べてみました。

金融車のメリットとしては、次の3つが挙げられます。

1:名義変更の必要がない為に、即日納車する事が出来ます。

デメリットによく書かれる名義変更が出来ないという事も、裏を返せばメリットになります。書類の手続きなどがない為に、購入してそのまま乗って帰る事も出来るのが、金融車の特徴です。

2:車庫証明が要らない

こちらも、手続きが必要ありません。名義変更していない為に、使用者が変わらないので、車庫証明を取る必要もないのです。

3:とにかく価格が安い

これが一番のメリットかもしれません。ローン中の車の為に仕入れ時には市場よりも安く引き取れる為に、車によっては、半額以下で販売される事もあります。

この様にメリットは沢山あるのです。
しかも、激安であれば、憧れのベンツオーナーになる事も夢ではありません。


憧れのベンツの歴史を知っておきましょう




名義変更が出来なくても、税止めや抹消登録をしない契約を取っていれば、トラブルに巻き込まれることもありません。

男性なら、誰しも一度はベンツに乗ってみたいと思う方はとても多いと思います。
金融車でなら、その夢は現実になるのです。

まずは、ベンツが何故ここまで愛されるのか?その歴史を見ておきましょう。

ベンツは、1883年に設立された世界最古の自動車会社であるベンツ&シー・ライニッシェ・ガスモトーレン・ファブリークとダイムラー・モトーレン・ゲゼルシャフトが、両社の合併により1正式に「メルセデスベンツ」が1926年にスタートした

欧米では、メルセデスやメルセデスベンツと呼ばれますが、日本では一般的にはベンツという名称で呼ばれる事が多いです。

1886年、当時ダイムラーベンツとして世界最初の自動車を発売します。
その後も世界初のガソリン車を発表するなど、とにかく自動車の最先端を常に走ってきました。

しかし、1930年以降、アドルフヒトラーの政権に変わったのを景気に、軍事産業として戦闘機のエンジン開発などを行い、戦時中には捕虜を大量に使い工員と使用した為に、戦後多額の保証金を払うなど、大打撃を受けます。

しかし、1949年に威信をかけて製作した170シリーズが大成功を収め、その後は全く危なげなく、常に世界の車を牽引してきました。

1990年以降は、ニーズに答え、高級車からリーズナブルなクラスを次々と発表し、現在もその地位はゆるぎないものとなりました。

この様な、メルセデスベンツですが、若い年代にも人気が高いのですが、現実問題新車はもちろん、中古車でも型落ちの走行距離の長いものしか手に入れるのは難しい状況です。

ベンツのスペックを今更ながらご紹介します




外車の多くは、海外では2ドアの方が売れています。
その理由として、スタイリングと走りを重要視しており、実用性は2の次という考え方が多い為です。
逆に、日本では実用性重視という事で、ワゴンやミニバンモデルといったセダンタイプの方が売れる傾向にあります。

しかし、若い人には、2ドアモデルが人気なのは、海外での考え方と同じで、スタイリッシュな部分を重要視しているからでしょう。

では、今更ですが、ベンツのC300クーペのスペックを見てみましょう。

項目 データ
全長(mm) 4705
全幅(mm) 1810
全高(mm) 1405
車両重量(kg) 1590
エンジン 直列4気筒DOHCターボ
総排気量(cc) 1991
燃費※JC08モード 14.4km/L

この様に、クーペでも燃費効率は上がっています。
また、カラーリングも6種類と多くなっています。

どんどん、ベンツの魅力に触れていく程、欲求は高まるものです。
何とか、このベンツに乗りたいという思いは強くなってきてはいませんでしょうか?

在庫車一覧はこちら

金融車ならベンツオーナーにもなれます!




ここまで、ベンツの魅力をお伝えしてきました。
どんどんベンツへの気持ちが傾いてきたと思います。
しかし、実際には高額で手に入らないというのが、現実です。

新車価格で540万円と、このCクラスクーペならばかなり低価格になっています。
中古車では、まだあまり市場に出回っていませんが、400万以上になります。

もう少し安くならないか?
そこで、冒頭で説明した金融車であれば、手に入る可能性がグンと上がります。

市場価格のおよそ半額となると、200万台となってくるので、かなりお手軽な価格ではないでしょうか?

説明した通り、金融車にはメリットも多く存在しています。
しかし、注意しなければいけないのは、どれほど欲しい車であっても、金融車はオークションや個人売買はしない事をおススメします。

実際、トラブルを引き起こすほとんどの原因は、オークションや個人売買でのトラブルです。

金融車を購入する際は、金融車販売店での購入をおススメします。
その中でもとりわけ、GM AUTOは安心出来るポイントを十分に備えたお店です。

購入前から、相談に乗ってくれる程、とてもフレンドリーであり可能な限りユーザーにとって納得のいく取引が出来る様、対応してくれるのです。

その証明は、販売実績500台以上という実績が物語っています。
是非、GM AUTOで憧れのベンツオーナーになりましょう!

GM AUTOのHPはこちら

▲ページの先頭へ戻る▲